No game No life!

無課金・初心者向けのゲーム攻略情報を中心に、ブログ運営(webマーケティング)情報など幅広く発信します。

【ワーフリ】初のクリスマスイベント!聖夜のお騒がせもの

f:id:Mukakin_games:20191215190124j:image

ワールドフリッパー(以下、ワーフリ)の初となるクリスマスイベント、聖夜のお騒がせものについてのイベント解説記事になります。

ワールドフリッパーがリリースされて初のイベントになります。

今回は、登場するボスや装備、クリスマスピックアップガチャのオススメキャラ等を解説しています。

遊び方について

f:id:Mukakin_games:20191216124441j:image

遊び方は、ゴーレムを倒してクリスマスソックス・クリスマスプレゼントを獲得し、豪華アイテムと交換するという感じです。

通常のボスバトルと同じ要領なので、遊び方には困らないと思います!

ゴーレムをドンドン倒して、クリスマスソックス・プレゼントを集めましょう

 

ボスと交換アイテムについて

聖夜のお騒がせものに登場するボスと、その装備について解説していきます!

 

ゴーレムについて

f:id:Mukakin_games:20191216124933j:image

推奨属性は、全Lv共通で雷属性となっています。

推奨属性が雷属性なので、ピックアップガチャ対象キャラの☆5ソウシロウが活躍しそうです。

パーティを育てていれば攻略にそこまで困る事はないと思います

特にクモノも登場せず、ボススキルスノーマンで湧いてくる雑魚敵が多いくらいです。

どのプレイヤーもクリスマスソックス・プレゼントを集めやすい難易度になっていると思います。

今現在確認されているLv50までのボスの話で、これから高難易度が追加される場合があります

 

装備・交換アイテムについて

今回のイベントの目玉☆5装備はコチラ。

f:id:Mukakin_games:20191216125807j:image

聖鈴の円盾

水属性キャラを強化・HP回復してくれる装備になります。

ただし、効果がフィーバーする度なので装備して効果を発揮させる場合は、フィーバーゲージを早期に溜められるキャラを編成した方が良いでしょう

また、他にも☆4~5破星結晶経験値夢見の紋章各種エレメントもラインナップされていますので、この機会に是非GETしておきましょう!

 

ピックアップガチャキャラについて

f:id:Mukakin_games:20191215190921j:image

クリスマスピックアップガチャの中でも、特にオススメなキャラを解説していきます!

☆5 ドレッシー・メイド マリアンネ

f:id:Mukakin_games:20191216130740j:image

マリアンネの特徴

①スキルウェイトが軽い

スキルが耐性ダウン付与

アビリティでフィーバーゲージ増加

マリアンネは、耐性ダウン付与を出来るスキルのウェイトが軽い点とスキルゲージ・フィーバーゲージを増加出来る点で、火パ編成においてのサポート役として活躍出来ます。

クラリスを中心とした火パに編成出来れば、スキル回転率の高いパーティ編成をする事が可能です。

☆5 可憐な九尾 イナホ

f:id:Mukakin_games:20191216131027j:image

イナホの特徴

フィーバーゲージ増加特化のスキル+アビリティ

②スキルで参戦者全員のHP回復が可能!

ネフティムとの相性抜群

現環境でネフティム軸の光パ(フィーバー特化)に編成する事でパーティを超強化出来ます

ネフティム軸でなくとも、光パでは要編成キャラになる性能を持ったキャラです。

☆5 聖夜のサムライ ソウシロウ

f:id:Mukakin_games:20191216163916j:image

ソウシロウの特徴

雷属性のフィーバー特化スキル+アビリティ

フィーバーモードの時間を増加

③自身の攻撃力もアップさせる

雷属性編成で中々組まれない、フィーバー編成特化キャラになります

今回実装された☆4アウレオと共に雷属性のフィーバー編成が強化されています。

フィーバー雷パを編成する場合は、必ず必要になるキャラの1人として貴重な存在です

今回、実装されたキャラの中でも特にオススメな3体を解説しました。

他にも、実装された☆4☆3キャラにも優秀なキャラがいますので、是非GETした際は使ってみてください。

 

ワーフリあとがき

今回は、ワーフリ初のクリスマスイベントとなる聖夜のお騒がせものの解説記事でした。

運良くピックアップキャラをGET出来た方も出来なかった方も、クリスマス限定装備は周回でGET出来ますので、是非イベントを走りましょう

筆者も今から鬼周回します!

 

今回はこのへんで。

ではまたっ。